fil tango

Kyoto Tango

丹後ちりめんのこと

2020年に丹後ちりめんは300年を迎えます。

 

江戸時代享保5年に絹屋佐平治によって発明、

それは"糸" 撚糸の技術、

そして一年中空気が乾燥することのない丹後の気候は、絹糸を織るのには最適な場所でした。

      

着物は一反の反物から作られています。

 

お客様はまず生地の織の柄を選んで、

そして次に好きな色を選びます。

 

お店で出来上がった洋服を買うのとは違い、

カスタマイズ的に、オートクチュール的に作られるのが

丹後ちりめんの基本。

 

一反づつ丁寧に織られ、そして一反づつ染められて、

そして出来上がった着物はその人だけの、

大切な一枚になるのです。

     

 

 

 

糸 . 撚糸 yarn spining

織 weaving

染 dyeing